当サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

ハムスターの飼育に必要なものは?準備しておくといい物を紹介します!

ハムスター


ハムスターをお迎えする前にハムスター用品をある程度揃えておきましょう!!

最低限必要なハムスター用品をまとめてみました♪


ケージ

ハムスターをお迎えするにあたって大事なケージ選び。

お店で直接見て購入するのもいいですが、ネット通販で買う方が安かったりします。

ハムスターの種類にもよりますがゴールデン系のハムスターなら成長するにつれ体も大きくなるため、60㎝サイズのケージを用意してあげてください。

ドワーフ系ハムスターのジャンガリアンハムスター、ロボロフスキーハムスターも体は小さいですが大きめのケージの方がいいかなと思います。ハウスやトイレを入れると意外に狭く感じます。

おすすめはSANKOのルーミィ60GEXのグラスハーモニーマルチ600です。

おすすめケージ記事も書いています!参考にしてみてください♪



我が家も使用中のルーミィ60のレビュー記事はこちら♪


ハウス

ハムスターの寝床になるハウスもいろんなタイプがありますが底がないタイプがおすすめです。

掃除もしやすいですし、衛生的にも◎

プラスチック製のハウスも汚れたらすぐ洗えてサッと拭くだけでいいので、乾燥時間もなく衛生的に保てます。

ただ噛んだりして破壊したときに破片を誤飲してしまうこともあるので、噛み癖があるハムスターは木製がおすすめです。

床材

今回我が家にかぶさんをお迎えする時に調べていて一番驚いたのが床材の多さ!!

私が小学生の時に飼っていたハムスターの床材はウッドチップしか使用したことなかったです。

ウッドチップにも二種類あって、広葉樹と針葉樹があります。

昔はウッドチップがよく使用されていたのですが人間にとってもハムスターにとってもアレルギーが出たり、たまに鋭利な木片が混じっていたりするので、ハムスターの目や体に刺さると危ないこともありペーパーチップを使用する方がいいです。

ウッドチップも木の香りがハムスターにとっては安らいだりとメリットもあるのですが安全性を考えるとペーパーチップは紙でできているのでアレルギーやケガをする危険はないし、白色のペーパーチップにするとおしっこや出血等の変化もすぐ気づけます。

今回我が家にハムスターをお迎えする時はまずペットショップで使用していた時と同じ床材を買い、ハムスターが環境に慣れてきた頃に徐々にペーパーチップに切り替えていきました。

↑我が家が今使っているペーパーチップです。

紙でできているため、アレルギーの心配もありません♪


おすすめ床材はこちらにまとめています。


トイレ

おしっこの汚れがついて洗っても尿石が取れなくなってくるので頻繁に買い替えていけるように100円ショップのセリアで購入しました。

手前右端に置いているやつです。お迎え前に設置しているのでこの時の床材はペットショップと同じウッドチップです。

トイレはかぶさんもお気に入りスポットです。

回し車

野生で生きているハムスターはエサ探しや縄張りの確認のため一晩で数十キロ走ると言われています。

ケージの中は狭く全速力で走り回ることができないため回し車は必ず設置してあげましょう!!

回し車の大きさはお迎えするハムスターに合わせたサイズを購入しましょう。

我が家のかぶさんはお迎え当時少し体も大きくなっていたのでサイレントホイール21を購入しました。

いろんなホイールを検討しましたがサイレントホイールがハムスターにとって安全に使用できると思い購入しました。

給水器

我が家はルーミィの給水器を買いました!

ケージに合った給水器でハムスターがのぼったりできない位置に設置するのがいいです。

温湿度計

100円均一で売っている物でも大丈夫です。できれば二つ用意しているほうが便利です。

一つはケージの外に。もう一つはケージ内の噛まれない位置に設置し、適正な室温、湿度をキープしましょう!!

お風呂(砂風呂)

ハムスターは体の汚れをとるために砂浴びをします。トイレとは別に用意しましょう。

ケージ内に入れる場合はトイレを覚えてからのほうがいいです。

かぶさんは早いうちにトイレもしっかり覚えてくれたのでケージ内に砂風呂を入れていたのですが、しばらくすると砂風呂でもおしっこをしてしまい、かぶさんがトイレと砂風呂で混乱してしまったので今では部屋んぽの時のみ部屋んぽサークル内に砂風呂を出しています。

まとめ

お迎えする前に最低限準備しておくといい物を書いてみました!!

参考になれば幸いです。

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ハムスター
スポンサーリンク