おすすめのチモシー(牧草)保存容器はこちら!

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは♪

うさぎ・モルモット・デグーやチンチラなど牧草を食べる動物を飼われている方は牧草の保存容器どうされていますか?

なるべく牧草は新鮮なまま保存できた方がいいですよね。

今回は我が家が使用しているチモシー保存容器を紹介したいと思います!

ぜひ、参考にしてみてください♪

目次

おすすめ牧草保存容器

我が家が使用しているチモシー保存容器はこちらです。

岩崎工業さんのロック式ジャンボキーパーです!


【岩崎工業】SLジャンボケース16.0


サイズや重さはこちら

シリーズ名ロック式ジャンボキーパー
品番B-2899
色番 KN
品名SLジャンボケース16.0
JAN4901126289972
単品サイズ幅282×奥行388×高さ244mm
商品重量(g)962
容量(ml)16000
材質本体、フタ/ポリプロピレン・パッキン/シリコーン
取り換え用パッキン品番G-669B
生産地日本製
参照:岩崎工業

お米やパスタ、小麦粉などの湿度を維持したいものの保存にピッタリの容器です。

メリット


  • 4面ロックパッキン付きでしっかり密封できる
  • 本体も軽く洗いやすい
  • 値段も安い
  • 換えのパッキンも別売りである
  • 本体が透明なので残量が確認しやすい



蓋にパッキンがついていてしっかりと密閉できています!
パッキンの換えも別売りされているのも◎

デメリット


  • もう少し大きいサイズもあれば良かった
  • チモシーを出すときに少し散らばる

使用してみた感想

1年ちょっと使用していますが、問題なく使用できています!

はるひこさんのチモシーの食べも変わらないので、新鮮さは保てているのかなと思います。

我が家は牧草市場のスーパープレミアムチモシー1番刈りを入れているのですが、一袋(500g)そのまま入れることができます!



一つ気になるところがあるのは、チモシーを容器から出すときにチモシーが周りに散らばることです^^;


もう一回り大きいサイズがあればよかったのですが、ロック式ジャンボキーパーシリーズの中でB-2899が一番容量が大きいみたいです。

チモシーをボックスに移すときに、ほぐしながらボックスに入れるとチモシーをボックスから出すときに取り出しやすいです!


私が気になるのはそれぐらいで、値段も安く・密閉もしっかりできるおすすめのチモシー保存容器です♪


まとめ

牧草を保存するときに新鮮さを保つにはしっかりと密閉できるものがいいです。
新鮮さが落ちてしまうと牧草の食べも悪くなることもあります。

新鮮さをより保つには乾燥剤を入れるのもいいですね♪
ただ乾燥剤を間違えて誤飲させないようにしましょう!

我が家のはるひこさんも食べているおすすめのチモシーのレビューもしています♪


この記事を書いた人

ハムスター、うさぎ好きのただの主婦です。
好きなことはもふもふすることと、ハンドメイド、食べることです!

目次